読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤チャンネルブログ

おかあさんといっしょ、いないいないばあっ!等 Eテレ関連についてのブログです。

みんなのうた 新曲『お弁当ばこのうた ~あなたへのお手紙~』が放送!

みんなのうた 新曲『お弁当ばこのうた ~あなたへのお手紙~』が放送!

 みんなのうた 2017年4・5月の新曲『お弁当ばこのうた ~あなたへのお手紙~』が放送されます。

 毎日、雨の日も風の日もお弁当を作り続けるお母さん、それを残さず食べて帰ってくる子どもたち。

 そんなお弁当のやりとりは、実は一生のうち学生時代のわずかな時間だけです。読んでいるところは見えないけれど相手を想いながら綴るお手紙のように、食べているところを想像しながら作るお弁当。

 子どもの成長を喜びつつ、親離れしていく寂しさを感じさせる。そんな お母さんの気持ちを表した曲です。

 

画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします

うた弁

 

 

毎朝渡す お弁当はあなたへのお手紙

おかえりなさい

今日も残さず食べてたね

体のことも考えて作っているので好きなものばかりじゃないの ごめんね

栄養たっぷりのバランスを考えて

あの手 この手で野菜を入れてます

毎朝渡すお弁当は あなたへのお手紙

 

 

 言葉ではなく、毎日作り続けるお弁当を通じてお母さんの想いを伝える。そんな毎日のやりとりが想像させられます。

 この曲のポイントは「手づくり感」や「ぬくもり」を大事にしたくて、実際に作詞・作曲された半崎美子さん自身が野菜を切ったりお鍋を煮込んだりした音そのものを録音されたそうです。

 まな板の上で包丁をトントン叩く音や、卵をかき混ぜる音もリズムになっていて、特に大根やキャベツが一番良い音が録れたそうです(笑)。

 

言葉がなくても伝わる想い

 『お弁当ばこのうた ~あなたへのお手紙~』の作詞・作曲を手がけるのは半崎美子さん。「みんなのうた」初登場です。

もともと、「みんなのうた」をよく聞いておられた半崎さんは、特に『わたしの紙風船』をよく聞いてそうです。

 代表曲には『明日へ向かう人』や北海道の両親への想いを綴った『永遠の絆』など、寄り添いながらも後押ししてくれるような優しい歌に特徴があります。

 半崎さんは、こんなメッセージをコメントされています。「一番伝えたいことは、お弁当ばこをからっぽにして返す日も、たまに体調を崩して残してしまう日もあるけれど、それがお互いを繋ぐお便りになる。『お母さん毎日どうもありがとう。』卒業まで大事に返事を届けましょう。」

 

 みんなのうた 新曲『お弁当ばこのうた ~あなたへのお手紙~』は2017年4・5月放送です。お見逃しなく。

 

 

みんなのうた 2016年12月・2017年1月の曲(レコチョクサイトへジャンプします)

■まゆげダンス(チャラン・ポ・ランタン) 

■ママのママのママのママ(コアラモード.)

■毛布の日(小島ケイタニーラブ)

■リングアベル -short ver.(LiSA)

 

関連記事はこちら