読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤チャンネルブログ

おかあさんといっしょ、いないいないばあっ!等 Eテレ関連についてのブログです。

みんなのうた10月・11月の<再放送曲>(『ギンガムチェックの小鳥』『フラミンゴのワルツ』『星と虹と』)

みんなのうた<再放送曲>紹介 その2

 みんなのうた2016年10月・11月の<再放送局>紹介 その2です。おもに再放送は下記日程にて放送されています。

 『星と虹と』は藤城清治さんの映像が発掘プロジェクトにより再現されています。繊細でダイナミックな影絵をお楽しみください。

【NHK総合】月曜日4:15~、火曜日4:15~、水10:55~、木4:15~

【Eテレ】火曜日12:55~、水曜日6:35~と12:55~、木曜日6:35~と12:55~

※ラジオ、その他詳細はHPにてご確認ください。

 

画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします

フルーツ5姉妹

 

ギンガムチェックの小鳥(初回放送 2007年10月・11月)

 タイトル「ギンガムチェック」を意味する"鳥かご"に閉じ込められている鳥のところへ迷い込んだ小さな てんとう虫。いろいろ変化する面白い拍子とともにこの2匹の物語が展開していきます。

登場する青い鳥はベストに山高帽、モノクル(片メガネ)という英国紳士スタイルの青い鳥や、リアルな鳥かごと格子縞を上手に描き分けているのは長井勝見さんの映像です。

 

フラミンゴのワルツ(初回放送1988年10月・11月)

 フラミンゴはピンクのイメージがあります。しかし『フラミンゴのワルツ』では「真っ白フラミンゴ 紅色フラミンゴ」という歌詞が飛び込んできます。

 実は、生まれたばかりのフラミンゴは純白なのだそうです。赤き色を発色する藻類を食べてあの色になるそうです。

 作詞を手掛けた白鳥園枝さんは、実際におよそ100羽のフラミンゴがワルツに合わせて繰り広げるショーを見た感動からこの詞を書かれたそうです。

 白鳥さんが作詞したワルツには、ヒット曲「星影のワルツ」(うた・千昌夫さん)もあります。

 

星と虹と(初回放送 1972年10月・11月)(発掘プロジェクトにて)

 「星と虹と」は、1972年10月-11月、NHK『みんなのうた』で放送されました。

 作詞は 代表作『愛の讃歌』などで知られる岩谷時子さん、そして作曲は『花嫁』で一世を風靡した端田宣彦さん。

 映像は藤城清治さんがてがけています。実は『星と虹と』の映像は最近発掘されたものであり、大変貴重な映像となります。繊細でダイナミックな影絵はまさに藤城さんの世界観そのものです!是非ご覧ください。

 

10月・11月の「みんなのうた」新曲です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事はこちら